第25回 ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント予選第2ラウンド。

午後の雷雲予報を考慮して30分スタートを早め、
雲ひとつない青空の下、全107選手がスタートし、
雨が降ることなく快晴のまま、棄権も出ることなく無事にホールアウト。

しかし、最終組がホールアウトした後、青空にも関わらず
雷雲接近で練習をしていた選手も避難となった。

序盤、上位が大きく伸ばせない中、
下からジワジワと伸ばしてくる選手が続出。
まずは、GOLF5所属の川満陽香理がスタートのINを
「30」で回るチャージをみせた。

他にも沖せいら・原英莉花・辻梨恵・全美貞が
この日「66」で順位を大幅に上げ、予選突破、上位に顔を覗かせた。

さらに、それを上回ったのが比嘉真美子と小祝さくらだった。

比嘉はこの日7バーディーノーボギーの「65」。
27位タイから一気に単独首位に浮上して早々にホールアウト。

しかし、同じく「65」を叩き出し、比嘉に追いつき、追い越したのが
初日4位タイの小祝さくら。

小祝は、前半で今大会初のボギーを喫し、1打しか伸ばせなかったが、
後半に大爆発。10番ロングを皮切りに、
12番から3連続、16・17番も奪ってハーフ「30」。
あっという間に単独首位に立った。

何度も繰り返すが、2年前ここで申ジエにプレーオフで負け、
ツアー初Vを逃した記憶は忘れられず、本人の口からも
ハッキリと“リベンジしたい”という言葉が出た。

この二人を中心に最終日のデッドヒートが
繰り広げられると思うが、まだまだ蓋を開けてみないとわからない。

最終組の単独3位で4打差の蛭田みな美を筆頭に、
5打差の4位タイグループには、
今季1勝の渡邉彩香、昨年優勝のイ ミニョン、
日本ツアーデビューから未勝利の宮里美香、
ツアー2勝目を手にしたい 岡山絵里・葭葉ルミ、
初優勝を手にしたい!世代が違う三人、吉川桃・吉本ここね・山下美夢有、
そんなバラエティに溢れた8人が上位を狙っている。

最終日の天気予報は晴れ。

二人のデッドヒート?もしくは大混戦?
何をきっかけに誰が爆発するかわからない。

とにかく、明日も伸ばしてこそ優勝争い。
もし17アンダーに届けば、四半期の歴史で大会レコードとなる。

白熱の最終日にどうぞご期待ください!

後半のINでバーディー猛ラッシュの「30」で単独首位に立った小祝さくら。
7バーディーノーボギーの「65」で25ランク順位を上げ、単独2位の比嘉真美子
6・7番の連続ボギーで躓きかけたが取り返し、単独3位から初Vを目指す蛭田みな美。
3連続と2連続バーディーでこの日4アンダー。5打差から上位を狙う渡邉彩香。
入国2戦目のディフェンディングチャンピオンのイ ミニョンも5打差、1組前から連覇を狙う。
黄金世代の一つ下の吉本ここねが「69」「69」とまとめ、同じく1組前で初Vに挑む。
順調に伸ばすも後半3つのボギー。しかし18番で勢いを取り戻したか?!吉川桃は2組前スタート。
ボギーは初日の2番のみ。ボギー1つはたったの4人。古江彩佳は6打差をどこまで詰めるか?!
初日出遅れた笹生優花は、この日も巻き返せずトータル2アンダーで予選をギリギリ通過。